スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
オーストリア

【箱ワイン】ボックスワインの実力

グリューナー・フェルトリナー トロッケン 3L

Gruner Veltliner Trocken 3L

参考小売価格:2398円(3リットル)

産地:オーストリア

品種: グリューナー・フェルトリナー

購入元:セラー専科(楽天)

インポーター:株式会社都光

年末のガバ飲み用で初購入した箱ワインが、想像以上に満足できたため、今年は箱ワインも積極的に購入していきます。安くて旨くて可燃物で出せるとか効率重視の私にとって神ワイン。まとめて買うなら信頼のあるインポーターさんが良いと、セラー専科さんの胸熱セットを購入してみました。

通常ワインは輸送で暴れると自宅で休ませなければいけないのがセオリーですが、箱ワインは関係なかろうと、到着直後に飲んでみました。

注ぎ口に細かな木屑が付着していて第一印象は「さすが箱ワイン笑」と適当さ加減が逆にツボにはまります。

しかし、一口飲んで驚愕。普通に千円台後半でゴロゴロしてそうなクオリティ。

香りは先入観からか薄いポカリスエットの雰囲気でしたが、飲んだらしっかりワインなので、カジュアル店のグラスワインなら大勝利レベル。

当研究所では温度管理の徹底と貴族グラス(ジャンシスロビンソン)を利用しているので、多少なりともパワーアップした状態で楽しめてますが、注ぎ口に口つけてレバー引いて直飲みしても美味しくいただけそう。

ちなみに、今まで飲んできたグリューナー・フェルトリナーよりは濃くて味がしっかりしている分(酸味が弱い)、このワインでグリューナー・フェルトリナーを理解しようとするのはNGですよ。

このブログ書きながら既に3杯消化してしまったので、箱ワインの気軽さ恐ろしいです。

本日の組み合わせ

到着後すぐに味見したので、何も合わせていませんが、シーフード料理や鶏肉料理と合いそうですよ。守備範囲は広いです!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。