オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

苦手品種克服できるのか

ビコーズ モナストレル・スペイン

Because, I’m Monastrell  from Spain

参考小売価格:1200円

産地:スペイン

品種: モナストレル

購入元:フィラディス

インポーター:株式会社フィラディス

産地・ブドウ品種の個性を知って楽しむワインシリーズ『Because(ビコーズ)』全種セット

箱ワインのようにバルクで輸入してきて、日本で瓶詰めしてプライベートブランドとして販売されているワインです(中にはそうじゃない品種もある)。 瓶ごと輸入してくるワインより原価を抑えられていると言えます。

本音で言えば、どうせバルクで仕入れてるんだったら箱ワインバージョンも出してほしいところですが、実はラベル違いとかOEMみたいな感じで実は中身は他の箱ワインに使ってるやつの流用だったり、なんて思わなくもなかったり。このあたりの安ワインは「如何にネガティブな要素を抑えて飲みやすくするか」に焦点おかれてますからね。

とはいえ、シリーズで統一感のあるラベルのデザインがもたらせてくれる高揚感があるので、素直な気持ちで飲んでみました。

香りは閉じている中に重さがありますが、意外と口当たりが軽く、酸味主体で筋肉質なタイプ。

余韻まで尖ったアルコールを強く感じるので、最初の一杯目や明るいうちに飲むと「うっ」っとなるでしょう。

そもそも苦手な品種ですからね。ブレンドの補助品種的な印象もありますし、コーヒーでいうところのロブスタ種って感じかな。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Dランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com