オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

アメリカ

ナパ・ヴァレーの誇りと実力とは

ベリンジャー ナパ・ヴァレーシャルドネ 2019

Beringer Napa Valley Chardonnay 2019

参考小売価格:3596円

産地:カリフォルニア/ナパ・ヴァレー

品種: シャルドネ

購入元:アマゾン

インポーター:サッポロビール株式会社

カリフォルニアの超有名ワイナリー「ベリンジャー」。

映画やセミナーの試飲とかでもよく出てくる銘柄なので、ずっと気になっていました。

今回はアマゾンのシークレットセールの並に乗ることができ、概ね30%オフでゲット。大量にまとめ買いです。

下は1000円以下、上は1万円近いレンジ幅なので、まずは中間の「アペラシオンシリーズ」を選択。キャッチコピーは「ナパ・ヴァレーの誇りと実力を背負う」とされていたので、間違いないでしょう。

期待値高く挑んでみました。

推薦温度は11度ぐらいでしたがセラー設定温度の9度から飲み始めます。

香りの強さはありませんが、口に入れた瞬間に舌が緊急事態警報を鳴らします。

「これは適当に飲んではもったいない」

ナパ・ヴァレーの誇りと実力を兼ね備えているだけあって、全神経を集中させて飲みたいと思わせてくれるます。

この価格帯になってくると立体的な奥行きがありますよね。クリーミーで上品な樽の風味。飲み口は切れ味のある辛口なのに、風味が長く残る不思議な感覚。

このワインを2200円ゲットできているので、これから出会うACブルゴーニュシャルドネへの評価が厳しくなりそう。

これから飲みすすめるエントリーレンジや高級レンジが楽しみですな。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com