スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/南部

#アランチョ祭り開催。2本目はシラーで

フェウド・アランチョ・シラー 2017

Feudo Arancio SYRAH 2017

参考価格:900~1200円

購入価格:6本で8140円

産地:イタリア/シチリア

品種: シラー

購入元:ワインスクエアー・アズマヅル(楽天)

インポーター:神インポーター/モトックス

庶民のワインポイント:3.75点

ついにインポーターのモトックス様、公認の祭りになった「#アランチョ祭り」

超豪華プレゼントの獲得を目指し、合計15種類スタンバイしました。

当選基準はツイッター中の人の独断と偏見で査定されるようなので、前半の方でアピールしておきたいところ。

とは言っても、全部「美味しいね」なんてわざとらしいゴマスリ日記も面白くないので、いつもと変わらない視点でテイスティングしていきますよ。

最初のアランチョでは、生産地であるシチリア島の土着品種ネロ・ダーヴォラ

当研究所の評価は、庶民のワインポイント4点以上と「当サイト比で上の中レベル」で良い印象でスタートを切れました。しかし、他サイトの感想みてると、「中の下」レベルをやんわり表現して「中の中」ぐらいの見栄えでまとめている印象です。

その辺りは個々の好み趣向もありますので、違って当然ですが、匿名評価で「酷評皆無」は価格帯から言うと奇跡。

前置きが長くなりましたが、シラーの感想です。

端的に表現すると、1200~1980円クラスのオーストラリアのシラーズ。

スパイスや辛みよりも、まろやかなテクスチャーで果実味を楽しむミディアムなタイプ。しかし、余韻でしっかりスパイス風味を感じるので、教科書的なシラー要素も兼ね備えています。

ブラインドで味わうと「ニューワールド(新世界ワイン)」と答えてしまうほど、イタリア感を感じることができたい一方で、「イタリアのシラー」自体飲むの初めてだから、これが「イタリアのシラー」と突っ込まれると萎縮しちゃいますわ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:5点

生産地:3点

買いやすさ:5点

アマゾンプライムで1005円送料込みは驚異。

売り文句:4点

モトックス様から拝借。なんとなく同じような感想です。

プラムやカシスのような果実のアロマに粒胡椒のスパイス感。タイムのようなハーブ香も感じられる。滑らかな舌触りに、ふくよかな果実味。酸味が全体の味を引き締めます。

https://www.mottox.co.jp/search/detail.php?id=640665

アロマ:3点

複雑性:3点

余韻:3点

たいがくんポイント:4点

総合評価:3.75点

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。