オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

マカベオ100%なら特別な味がするのか?

レケヴァン カヴァ ブリュット 

REQUEVIN BRUT CAVA

参考小売価格:1890円

産地:スペイン

品種: マカベオ

購入元:ヴェリタス(楽天)

インポーター:株式会社ワインプレスインターナショナル

ヴェリタスさんの安泡セットに導入されていた安カバ。

セットの売りが「瓶内二次発酵」だったので6本中4本がカバだったのですが、安カバの許容範囲が広がっているため寧ろ大歓迎だったりします。

しかし、そんな安カバの欠点といえば、「殆どが同じ味に感じるのでブログ書くのに困る」という点。

今回も対して代わり映えしない感想になるのですが、突起すべき点は「マカベオ100%」のカバということ。

大抵のカヴァは「マカベオ、チャレロ、パレリャーダ」のブレンドなのですが、マカベオ単一でも対して変わらない味に感じてしまってるのです。

すなわち、実際はぜんぜん違う味わいだったとしても、身構えた味覚が想像の味に錯覚させているのでしょう。

事実、品種情報を知ってからは「うーん、普段よりコクが物足りないな。」だとか「スッキリしていて上品な味かも」なんて考察してしまいます。

ワインはラベルや先入観で飲む飲み物。フラットに飲もうと意気込んでもなかなかそのレベルには到達できませんね。

注意:当研究所では、高級ワイングラスを利用し、適性温度でテイスティングしております。冷蔵庫温度や常温のワインをマシンメイドグラスで味わった場合とは感じ方がかわりますので、その辺り差し引いてご閲覧ください。

本日の組み合わせ

トルコライス風にナポリタンオンザチキンカツ。

ややジャンクな料理に、ややジャンクなワインの組み合わせ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com