オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

100点評価の難しさ

エル ヴォルケテ テンプラニーリョ2020

El Volquete Tempranillo Spanish Palate

参考小売価格:1045円

産地:スペイン/ラ・マンチャ

品種: テンプラリーニョ

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

インポーター:タカムラ株式会社

衝撃の安ワインが続いている旨安ワインセットなので、開ける前はワクワクしております。

その中でも「旨安賞」と「旨安大賞」では後者のほうが期待値が高く、このワインも「大賞」を受賞しているワインだったので、ウッキウキであけてみました。

初日はグラス一杯味見程度。

1本空けた後だったので、なんとなく「おっ、旨いやん!」と好印象スタート。

翌日シラフの状態で飲み直してみると、しょっぱさ、化粧っ気が気になり、ピリ辛のスパイス要素が気になりました。ただ、味覚が慣れてくるとフルーティーな側面がでてくるので、果実味がキャピキャピした濃いワインと言ったところでしょうか。

ちなみにリアルワインガイドさんの評価は

◆今飲んで:88点
◆ポテンシャル:89点
◆飲み頃予想:今~2038年

だいたい似たような数字が並んでいるので気にもとめておりませんが、千円ワインにポテンシャルってなんなんでしょう。仮に2038年まで飲み頃が続くのであれば、無理に在庫履く必要もないし、熟成セットだとか、ビンテージ違いセットとか出てきてもおかしくないんですけどね(むしろそんなセット非常に興味あります)」。

低価格帯のプロフェッショナルである私があえて同じ方式で評価するなら

◆今飲んで:70点
◆ポテンシャル:10点
◆飲み頃:今~2025年

基準がないと卑下している感じになるので、参考程度に同じセットのカルメネールも点数つけてみます。

◆今飲んで:90点
◆ポテンシャル:80点
◆飲み頃予想:今~2027年

うーん、100点評価ってやっぱ難しいかも。。

本日の組み合わせ

追い込みワイン

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com