オーストラリア

オーストラリアといえば?「シラーズ!」

イエリングステーションリトルイエリングシラーズ

Yering Station Little Yering Shiraz S’16

参考価格:2180円

購入価格:1744円

産地:オーストラリア/ヴィクトリア州/ヤラヴァレー

品種:シラーズ97%/ヴィオニエ3%

購入元:鬼田酒店(地元の酒屋)

インポーター:ヴィレッジ・セラーズ株式会社

シラーは苦手品種なのですが、試飲会でしっかり試して合格点だったので購入しました。

ヴィオニエが混じっている気分だけでもとても華やかに感じます(たった3%)。

キャップを開けた瞬間に漂う、心地よい香りに試飲会マジックでなかったことを確信します。

濃いめの深い色合いと反比例する粘性の弱さにアル中としては少し物足りなさを感じます。

アロマのイメージは、熱して熟したぶどうに、ブラックチェリー、かすかに生肉。

シラー特有のピリピリする黒胡椒のスパイシー感が控えめなのが、好印象。

口当たりも優しく、膨らみや奥域も感じる味わいはまさに「エレガンス」

鼻から抜ける余韻のイメージは冗談抜きでお花畑。

粘性のなさで懸念していたアルコール感も十分感じ、重厚感と複雑性を兼ね備えながら、決してしつこくない完成度に、これからシラー種への果敢な挑戦を決意させてくれました。

お値段は千円後半でしたが、2千円以下でで得られるこの幸福度は、通常の千円ワイン2本分よりはるかに上でした。

オーストラリアといえばシラーズは、伊達じゃないですね。

注意点としては、劣化が早いので、2日以内で飲みきるのが吉です。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント