オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ニュージーランド

NZ産ロゼを初めて飲んでみる。

ヴィラマリア プライベートビン ロゼ 2019

Private Bin Rose 2019

参考小売価格:2100

産地:ニュージーランド・ホークスベイ

品種: メルロ主体

購入元:かめや

インポーター:木下インターナショナル

ニュージーランドワインで定評のあるヴィラマリアシリーズ。

当研究所でもリースリングをテイスティング日記にアップしておりますが、品種特性が理解できる優秀なワインといった評価。

ワイン会などで他の品種を飲んだときも好印象でしたし、注文時はインポーター縛りで発注するので、今回は未体験だったロゼを購入してみました。

桃、みかん、グレープフルーツにパッションフルーツ、、。

ホントに葡萄から造られてるのか疑いたくなるフルーツオールスターの香りですが、飲んでみると苦味と酸味が適度に効いているのでジュースっぽさは回避。

口当たり易しめで、舌の上で少しピリリとする刺激が心地よく、食中ワインとして汎用性の高い辛口仕上げ。

良いように言えば欠点がないロゼ。悪いように言えば、独自性を感じないノーマルなロゼってところです。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

食事とのペアリングで何を合わせてよいのかわからない時。

昼間にアルコールを健全に注入したいと思った時。


ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com