オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

うまい棒うまい。でもちょっと違う

ヴィーノ ティント テンプラニーリョ ヴィーニャス バハス 

Vino Tinto Tempranillo Vinas Bajas

参考小売価格:770円

産地:スペイン

品種: テンプラニーリョ

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

インポーター:タカムラ株式会社

本来テンプラニーリョという品種は、3千円ぐらい出せば高貴でひれ伏すワインがゴロゴロあるのですが、なまじ千円以下で買えるため、「安ワイン、安かろう、悪かろう」の印象が強いのであります。

そういった意味で、福袋開封の儀、1番落胆したのがこのワイン。

思わず「うわぁ〜」となりました。

とはいえ、他のワインが凄まじい割引率だったので、1〜2本帳尻合わせのワインが入っていたとしても致し方ないですし、定価の770円より安く買えてますからね。

そのあたりに文句言うのであれば「買うほうがわるい」ということ。

と、ある程度酔っている状態の後半に飲んでみました。

香りは濃いぶどうジュースに甘いジャムを入れたニュアンス。スルッと口の中に入ってきて、ふわっと消える。それでいて甘さもタンニンも酸味にも存在感があり、端正なバランスだといえます。

ジュース系でもないし、「ワイン」としての体裁もない。

それなのに「旨い」

この感覚は何なんでしょう。うまい棒うまい。みたいな感じでしょうか、しかし、駄菓子っぽいと言われればそうでもなく、あくまでピュアな味わい。

飲んでいて完全に安ワインの味なんだけれども、引っかかるところがなさすぎてニヤけてきます。

普段2千円以上のワインを飲んでる人たちは馬鹿にする味わいですが、千円前後が守備範囲の人には驚きを隠せないニュータイプ安ワインですよ。

本日の組み合わせ

https://twitter.com/shomin_wine/status/1792833516205736085

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com