オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

バルベーラの特徴を勉強してみた。

レ ターネ ピエモンテ バルベーラ ヴィンキオ ヴァーリョ

VINCHIO VAGLIO Le Tane

参考小売価格:税込み4950円

産地:イタリア・ピエモンテ州

品種: バルベーラ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天

インポーター:アサヒグランド株式会社

毎月1日に開催される楽天の食フェスクーポン利用で購入しました。

箱ワインはまとめ買いするには気が引けるので、多少送料かかっても2箱ずつ購入するようにしております。

どのみちクーポンで送料以上割引されますし、お買い得感は保たれてます。

今回は今まで購入した箱ワインでトップクラスのお値段。

アサヒグランドさん輸入のイタリア箱ワインシリーズは、「アルネイス」と「ネッビオーロ」を飲んでおりますが、上々の評価。

今回も飲み慣れていないバルベーラなので、品種の先入観がない状態で飲んでみました。

色はとても濃く、粘性も高め。

清涼感のあるミントの要素と、芯のある黒果実の香りで少し身構えます。

口当たりは優しいですが、食道が熱くなるアルコール感と、酸味主体で余韻の酸っぱさが、空腹時に飲み始めたことを後悔させてしまいます。

そもそもバルベーラってどんな味だったのか、過去記事で検索してみましたが、なんと年間2本ペースの少なさ。

もっと出会ってるつもりだったので、この機会に入門書(THE WINEマグナムエディション)で特徴を確認。

香りは酸味のあるチェリー、リコリス、ブラックベリー、ドライハーブ、黒胡椒。

酸味主体でフードフレンドリー。グリル料理やスパイシーな味付けの料理と相性抜群とのこと。

それを知った上で飲むと、このワイン、完璧に「バルベーラ」です。

フルボトル換算だと、1250円。

安すぎでしょ。笑

本日の組み合わせ

品種のお勉強。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com