オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

日本ワイン

甲州って品種のポテンシャル

源作印 甲州シュール・リー 2018

参考小売価格:オープン価格

産地:埼玉県/秩父

品種: 甲州

購入元:頂き物

今年のお中元に頂いたワインですが、甲州って品種になんだかテンションがあがらず、エチケットのデザインから漂う地雷オーラが半年間抜栓を遠ざけていました。

しかし、只今、師走のワインセール時期、ブログネタにもなる福袋爆買に備えてワインセラーの整理に借り立たれているため開栓。

色は薄く、香りも低く、ニュートラルな甲州の印象を崩すことの無いスタンダードな第一印象。

舌先にピリリって感じる酸味が「あ〜シュール・リー(澱とともに熟成)きいてるわ〜」なんて玄人っぽく語りたくなりますが、「澱と一緒に熟成したところでなんでピリリするの?」と深く突っ込まれると口をつぐみます。

余韻にかけて平凡な印象から抜けきれないのですが、源作印のホームページ見ながら飲むと、生産地である秩父のテロワールを感じさせ、味わいに深みを与えてくれます。

秩父ワイン、マスカット・ベーリーAが変わったタイプに感じただけに、甲州のスタンダードな味わいが期待をはずしちゃったかな。

甲州って品種は、値段に比例して凄まじくなっていく印象があるので、そういった意味では致し方ない所。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):?

生産地:3点

アロマ :2点

バランス :6点

余韻 :2点

複雑性:6点

買いやすさ:0点

主観:3点

総合得点:小売価格不明のため測定不能。

庶民のマリアージュ

  • 天ぷら
  • 高菜弁当
  • 白身魚の塩焼き
  • 唐揚げレモン
  • お茶漬け

久々に買っちゃいました、庶民のためのワインセット↓

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com