スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
・テイスティング日記

神戸メルロの高貴な雰囲気

神戸メルロ 2016

KOBE WINE MERLOT 2016

参考小売価格:1870円税込み

産地:日本、神戸

品種: メルロ

購入元:神戸ワイン公式オンラインショップ

製造元:神戸みのりの公社

すき焼きを食べるタイミングで、ストックの中からちょうど良さそうな今回の神戸メルロをチョイス。

エチケットの雰囲気も相まってか、日本のメルロって高ワインの印象がありましたが、税込み2千円切りと良心的な価格設定。サイトの説明書きでは10年に一度のグレートヴィンテージとまで煽っており、期待感MAXで飲んでみました。

色味は透過性があり薄め。タイプはミディアムライトと記載されているので、説明そのままの印象。

香りは弱めですが、気品さを感じる複雑で分かりにくいアロマに、楽しさを見出すことができます。初日は食事と合わせたため、なんとなく旨いなぁ〜ぐらいの感想でとどまっていましたが、二日目に真価を発揮。

尖っていない酸味と渋くないタンニンの要素が、調和していて、小難しさと飲みやすさを両立。

余韻に残るコンポート果実感、シソや梅っぽい要素が好みの分かれどころですが、合わせる料理次第では大化けするワイン。グレートヴィンテージって言葉に違和感はありませんでしたが、今度は最低ビンテージと飲み比べなんかしてみたいですね。

本日の組み合わせ

すき焼きと合わせる。想像通りの完璧なマリアージュでついつい飲みすぎ、食べすぎに。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

華やかな香り、果実味豊かでほどよい酸味と柔らかく心地よい渋味が絶妙な味わいを醸し出す赤ワインです。天候にめぐまれ10年に1度の出来であった良質のメルロのみを使用しました。

https://onlineshop.kobewinery.or.jp/?pid=142862818
ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。