スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ボルドー地方

【カルディ】万能ロゼ【千円ワイン】

ボルドー・ロゼ シグナチュール 2020

SIGNATURES BORDEAUX Rose 2020

参考小売価格:1500円ぐらい

産地:フランス・ボルドー

品種: メルロー

購入元:カルディ

インポーター:株式会社オーバーシーズ

美しく輝く淡いサーモンピンク。ワイルドベリーを想わせる赤い果実香に、バラ、ジンジャー、スパイスなどの香り。口当たりは柔らかく、豊かな果実味に生き生きとした酸が広がり、余韻に続く心地良いタンニンと苦みが味わいを引き締める、ドライなロゼワインです。
イアン・シレー(オーナー)のコメント:このワインは「最高のテロワールから造られる高品質のボルドーワインである!」と誇りをもってサインしますという意味で名前をつけました。

https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/3263070051779

ラベル裏の説明に日本語で丁寧にテイスティングコメント書かれているワインはハズレ率が低いので安心できます。

このワインはカルディの全品10%オフキャンペーンにつられて購入した1本。目立つ所に陳列されており、このブログを読まれている方も飲まれたことあるのではないでしょうか?

「ボルドー」や「メルロー」って馴染みのあるキーワードも手に取りやすい理由で、ボトル全体が出している雰囲気が美味しそうなんですよね。

そもそも低価格帯の辛口ロゼは「食事と合わせやすい」ので、ワインだけで楽しむというよりは、食事をしながら楽しむタイプ。細かいことを気にせず、がぶ飲み前提で飲んでみました。

結論を言うと、いい意味でよくある辛口ロゼワイン。感動は一切ないですが、ネガティブな面も全くなく、最初から最後まで安定した味で楽しむことができます。

推薦温度の8度だと締まった味になってしまうので、10〜12度ぐらいのやや温めでボリュームを多少感じながら飲むのが良いですよ。

本日の組み合わせ

豚肉と白菜を中心とした白湯鍋。味を高め合うことはないですが、ワインが食欲を高め、食事がワインを欲する好相性でした。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。