オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
フランスその他

今年一かも。熟成シラーうまし。

サン・シニアン・ロックブルン “セニュール・ドープナク 2011

Saint-Chinian Roquebrun ‘Seigneur d’Aupenac’ 2011

参考小売価格:??記憶では3千円ぐらいで買った気がする。

産地:フランス・ラングドック・サンシニアン

品種: シラー主体

購入元:リカオー(店頭)

インポーター:株式会社ルミノ・ヴィーノ

地元の格安酒販店のリカオーさんでまとめ買いしていた特別な1本。

ボトルの形状や記憶の書き換えで脳内では高級ローヌと思い込んでストックしておりました。

いつもブログをご覧になられている方はお察しかと思いますが、当研究所のシラー出現率は低め。フランスの産地ではローヌ地方が一番テンションが上がらないワインだったりします。

そんな折、ポッドキャストにご出演して頂いた秋元氏がローヌの魅力を語っていたので無性に飲みたくなった次第です。

まずは外観。

若いワインの色味は気にしませんが10年以上熟成されているだけあり、オレンジおびた熟成カラーが胸をときめかせます。

ソーセージや馬肉の獣感を漂わせながら、花や杉の香も感じる高級ワイン要素のオンパレード。

シラー特有のスパイス要素もしっかり残っており、濃厚でパワフルな果実味も共存。

第一印象は今年飲んだワインで一番の感動度。

合わせるべき料理がハマれば戦闘力も上がりますが、むしろワインだけでゆっくり楽しめるクオリティ。

ブログ更新のために情報をまさぐると、日本では流通量が少ないようですが、裏ラベルには2017年ワインアドヴォケイド90点の実力と記述されています。

実は飲み初めはローヌワインと思い込んでましたが、ラベルみるとサンシニアン=ラングドック地方。先入観と記憶の改変によるミスリードしていました。

近いうちローヌワインも飲んでみます。

本日の組み合わせ

ステーキにも濃い系チーズの代表格ゴルゴンゾーラにもピッタリ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ネットでは出てこなかったので、四国在住の人はリカオーさんの店頭でゲットですよ!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。