オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/南部

知る人ぞ知る箱ワイン会の帝王?

テッレ・ディ・キエーティ マルヴァジア BIB バックインボックス 3000ml 2020 ルナーリア

Terre di Chieti Malvasia / Lunaria

参考小売価格:3600円

産地:イタリア・アブルッツオ州

品種: マルヴァジア

購入元:三本酒店

インポーター:株式会社ディオニー

箱ワイン伝道師となって、早1ヶ月。

魅力ずくめでスッカリ虜になってしまっているのですが、今回のワインでさらに箱ワイン愛が高まりました。

オンラインサロンメンバーのカツミさんからの紹介で知ったのですが、既に界隈では知る人ぞ知る優良銘柄。家の形の特徴的で、名前も覚えなすいルナーリア。

箱ワインにしては少しお高めですが、それでもフルボトル換算だと千円ぐらい。

千円の瓶ワインでは気持ち高ぶりませんが、箱ワインだと「液体のクオリティは実質3千円クラス」と想像が働きます。

当研究所一押しのインポーター「ディオニー」で、大好きな自然派の白ワインと来ればもう間違いない。期待値高めで飲んでみました。

香りは低めですが、飲んでみると果実味がしっかりしていて、鼻腔から蜜や花の香りが抜けていきます。

アルコールは低く感じるのにボディーは中程度。フレッシュタイプに属するのに、適度な苦味が良い意味でアクセントになっていて、要するにグラデーションが綺麗だということ。

最初に抱いていた3千円ぐらいは流石に感じませんが、2千円前後でゴロゴロ転がっているレベル。マルヴァジア単体のワインがあまり売ってない中、取扱店舗の多さも魅力の一つ。

ググってたらドラジェさんのブログでルナーリアを分かりやすく深掘り解説されていたので、気になった方はこちらがオススメです。

本日の組み合わせ

シーフード系と合いそうと予測し、太刀魚の素揚げとあわせましたが。ミスマッチ。

生臭さが出るだけでなく、ワインの味が完全に破壊されました。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com