オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ニュージーランド

やっぱNZワインっていいっすよ。

マトゥア リージョナル・ピノ・ノワール・マルボロ 2020

Regional Pinot Noir Marlbourough 2020

参考小売価格:2408円

産地:ニュージーランド・マールボロ

品種: ピノ・ノワール

購入元:アマゾン

インポーター:サッポロビール株式会社

久しく飲んでなかったニュージーランドワイン。

チリや温暖系ヨーロッパワインと比べるとややお高い印象なのですが、ブルゴーニュ(ピノ・ノワール)やロワール(ソーヴィニヨン・ブラン)と比べると断然お求めやすくなっております。

しかし、2〜3千円出すならブルゴーニュやロワールを飲みたくなりますし、かと言って千円台ではあまりみかけることのないのがニュージーランドワイン。

品種特性がわかりやすい生産国なので、ワイン一年生にはとっつきやすいですが、変わったのもの飲みたさを求めると避けてしまうのであります。そんな中、今回はアマゾンのゲリラセールで1500円でゲット。

千円台で買えるならそりゃ選択肢に入ります。税込み定価3千円近いので実質半額ですからね。買わない理由はないです。大手インポーターと大手販売チャンネルのパワー恐るべしです。

さて、そんな今回のワインなんですが、やっぱ旨いっすよ。

一口目からテンションあがりました。親しみやすい甘さとキリッとした辛口酸味のバランスがキレイ。最初はジュース系ピノ・ノワールと思いましたが、時間が立ってくると深みがでてきます。定価3千円近いのにも納得の味わい。

いちごテイストがメインのピノ・ノワールなので、赤ワイン苦手な人でもとっつきやすいタイプ。いやぁ〜、ニュージーランドワインやっぱ旨いなぁ〜ってなりますよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com