スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
・テイスティング日記

【カルディ】ホットワインを試し買い【KALDI】

ラプンツェル グリューワイン ベビー

RAPUNZEL GLUHWEIN

参考小売価格:300円ぐらい(250ml)

産地:ドイツ

品種: 不明

購入元:カルディ

インポーター:株式会社オーバーシーズ

コンクリ住宅で南国高知ってこともあり、節約というか「寒さは着込めばしのげる」派なので、暖房器具は付けない方針。「えっ」って引かれることもありますが、室温も2月で16度ぐらいなので、東日本の方々に比べると全然我慢できるんですよね。

そうは言いつつも寒いことには変わりないので、季節柄ホットな飲料が飲みたい今日このごろ。ウイスキー党の時は、秋口ぐらいからお湯割りに切り替えていたので、ワインにSwitchしてからは冬場ウイスキーが恋しくなったりします。

しかし、少しでも気を緩めてウイスキー買ってしまうと、アル中発動で二度と戻ってこれそうにないのでホットウイスキーを封印しているってわけです。

ワインも温めればよいだけの話なのですが、どうしても邪道感といいますか、心理バリアーが働いてセオリー温度でしか飲もうと思えません。そんな折、カルディで小瓶サイズの「ホットワイン」が売られていたので、地雷前提で飲んでみました。

初日は寝る前のひととき。コーヒーコップに入れて65度のややぬるめで飲み始めましたが、久々に「不味っ」って口走ってしまうほどの邪道な味。

直前にキレイな味のスパークリングワイン飲んでいただけに比べてしまったといいますか、本来は全く別物の飲み物なのに、受け入れ体制が整ってなかったんですよね。

翌朝、受け入れ体制を整えてコーヒー代わりに飲んでみましたが、普通に美味しいと感じて笑えました。

要は、「どんな気持ちで迎え入れるか」で感じ方変わるみたいです。

グリューワインとはドイツでは『GLUHWEIN(グリューワイン)』、フランスでは『ヴァンショー』と呼ばれる、ヨーロッパではポピュラーな冬の定番ワインのこと。ドイツ伝統のオリジナルレシピに従い、赤ワインにシナモンやクローヴ、アニスなどスパイスの香りと、オレンジやレモン、ブルーベリーなどフルーツの香りを加え、砂糖でほのかな甘さを加えて造りました。温めるだけですぐにお楽しみ頂けます。ちょっとだけ飲みたい、という方におすすめのミニボトルタイプです。
大きめボトルもございます。 
マグカップや耐熱容器に移し電子レンジで温めるか(500Wで約1分)、お鍋に直接ワインを入れて温めても美味しくお召し上がり頂けます。沸騰させないようご注意ください。ボトルのまま温めますと破裂する恐れがあります。必ず他の容器に移してから温めてください。

https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4006921622891

本日の組み合わせ

寝る前と寝起き

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。