オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

切れ味抜群。食中ワインでもつかえるランブルスコ

ポッジョ フィオリト ランブルスコ セッコ

Poggio Fiorito Lambrusco Secco IGT Emilia

参考小売価格:1408円

産地:イタリア/ エミリア・ロマーニャ週

品種: ランブルスコ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

赤のスパークリングはあまり見かけませんが、ランブルスコだけは例外。

知名度も高く、赤スパークリングの代表格といっても過言ではありません。

このワインは、4月の食フェスクーポンを利用して購入した赤のスパークリングセットに入っていたランブルスコ。

一般的なスパークリングの甘辛表記は「ブリュット(BRUT)」が辛口なのですが、ランブルスコは「セッコ」が辛口。種類はセッコ、セミセッコ、アマービレ、ドルチェの順番で甘くなっていきます。

とはいえ、たとえセッコ表記だったとしても、一般的なスパークリングワインより甘く感じるのがランブルスコ。

ジュース的な味わいを欲したタイミングで飲んでみました。

ガス圧は強め。冷蔵庫温度で飲み始めましたが、しっかり辛口でした。

適度なタンニンがアクセントになっていて、果実味豊かながら切れ味バツグンです。

食後のワインとして楽しめるレベルの辛口で、ペアリングの幅も広いともいます。

私はたこ焼きに合わせましたが、タレの甘みと調和してマリアージュ決まります。

焼肉やすき焼きの時に、「赤じゃちょっと重いなぁ〜」ってタイミングに辛口ランブルスコは良い選択かもしれません。なんせ安くて味が安定していますからね。

本日の組み合わせ

https://twitter.com/shomin_wine/status/1782690875585478910

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com