オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

苦手南仏ワインで3リットルチャレンジ

ガスコーニュ ベトゥラン ドメーヌ・ド・パジョ

IGP Côtes de Gascogne Le Bétoulin BIB3L – Domaine de Pajot

参考小売価格:6930円(3リットル)

産地:フランス・南西地方

品種: メルロー、カベルネフラン

購入元:マヴィ

インポーター:マヴィ株式会社

自然派ワインの専門ショップマヴィさんのキャンペーンで購入した箱ワイン3箱目。

南仏の赤ワインは苦手なので、3リッター味見なしで購入するには勇気が入りましたが、看板ワインっぽく売ってたので信じてみました。

初日

箱ワイン基準だと高価ですし、750ml換算でも1800円ぐらいするので南仏ワインとしては高め。初日はワインだけで集中して飲んでみました。

色は南仏パワー全開で濃く、香は熟したプラム中心でイヤな感じはしません。

しかし、飲んでみると、酸っぱくて、辛くて、渋い、味わい。良い意味で南仏っぽさ全開なので、私の好みじゃないタイプ。悪い意味で予想通りだったので、もう少し変化球が欲しかったところ。

ただ、箱ワインは開栓後、数日経って大化けするので、後日味わった感想も付け加えていきます。

中盤戦

程よいピーマン香がありながら、口当たり円やかになって初日より美味しく感じます。

初日にきつく感じた酸味と渋味は、余韻にむかって主張してくるので、食中ワインタイプの印象は変わりません。

ただ、2杯目以降は味覚が慣れてきてスイスイ飲めるので、苦手な南仏系からは大幅にランクアップ。

ステーキとの相性は抜群です!

ワインランクも初日はEでしたが、Bランクまで格上げできました。箱ワイン基準だと「高っ」って印象は変わりないですが(⌒-⌒; )

本日の組み合わせ

いぶりがっことクリームチーズ

サーロインステーキとはベストマッチ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク(箱基準Dランク)

注がれたワインの色は濃く、鮮やかです。その色に比例するかの様に、立ち上がる香りからは瑞々しいブラックチェリー、ブラックプラム(プルーン)、カシス、ブラックベリーなどの黒い果実の凝縮感が伝わってきます。赤い果実の軽快なフレッシュな香りよりも、ぐっと深く力強さを感じる香りです。口に含むと若々しい酸味が心地よく広がり、タンニンはスムースで好印象です。滑らかなタンニンと柔らかなテクスチャーに熱が加わり、しっかりとしたボディを感じます。溌剌とした酸味が全体のバランスを綺麗にまとめていて伸びのある力強い味わいです。飲んだ後にも凝縮感のある黒い果実の新鮮な香りが広がり、満足感があります。余韻までしっかりと果実の風味が続き、ソフトなテクスチャーを程よいタンニンが引き締めてくれます。ただ単に「フルーティな赤ワイン」と表現するにはもったいない1本です。ガスコーニュ 白、ロゼと同じように、元気な酸とフレッシュな果実香が楽しめます。ソフトなタンニンとボディなので、熟成を待つよりもお気軽にお楽しみいただくのがお勧めです。

https://www.mavie.co.jp/c/mavie/60009

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com