オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

しっかり濃いロゼワイン。未体験ゾーンです。

ピノノワール ロゼ2017 – 楠ワイナリー

Pinot Noir ROSE 2017 KUSUNOKI WINERY

参考小売価格:3311円

産地:長野

品種: ピノ・ノワール

購入元:Nagano base shop(現在休止中)

製造元:楠わいなりー株式会社

nagano bese shopの1万円おまかせセレクトからの1本。

ロゼをリクエストしていたなかの1本なので、長野を代表するロゼワインで間違いないでしょう。楠わいなりーさんは一般的にも人気ですし、飲む前から期待値は高いです。

とっておきのタイミングで抜栓してみました。

色調は濃いめです。赤ワインでも通用するかもしれません。ロゼピンクというよりは薄い赤色。ピノ・ノワールのロゼは甘くてチャーミングな印象を抱いておりましたが、その概念が覆りました。

タンニンとのバランスが絶妙で、赤のピノ・ノワールっぽさとドライな飲み口がロゼワインとして成立しています。

定価とのバランスも絶妙で、3千円ワインとして成立してます。ワイナリーの販売ページでは、楠らしさを感じる『お買い得ピノ』とありますが、お世辞抜きに「お買い得」と感じました。

「うっとり」や「恍惚」という気分のタイプではないので、ワイン飲み飲み始めたばかりの庶民には薦めにくいですが、3千円がデイリーの富裕層や、未体験ロゼを飲みたいワイン愛好家に激推の1本です。

本日の組み合わせ

グラスくるくる回しながら。

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Aランク


ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com