スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/南部

【ヌラグス】さて何のことでしょう?

ヌラグス ディ カリアリ パーラ 2018

Nuragus di Cagliari PARA 2018 DOC

小売価格:1900円

購入価格:1900円

産地:イタリア/サルデーニャ州

品種: ヌラグス

糖度:7度

購入元:かめや(地元の酒屋)

インポーター:フードライナー

ヌラグス ディ カリアリ パーラ

国際品種(シャルドネやカベルネ・ソーヴィニヨンなどの世界的に栽培されているブドウ)にやや飽きがあった為、土着品種探索がマイブームです。

今回は何と飲んだことないどころか聞いたことも、書籍等でみかけたこともなかった品種【ヌラグス】。

一応、DOC(格付け有)なのですが、ソムリエ教本2020にも未掲載なほどマイナーなワイン。

そもそもサルデーニャ州のワイン自体あまり流通していないような気がする(個人的主観)ので、希少性は抜群でしょう。

味わいの方ですが、率直にイケてるやつです。

あっさりタイプながら適度に濃密で水っぽくない所が、小売価格買いの1800円で考えても合格点を与えれる領域。

ただ、南イタリアといえば「フェウド・アランチョ」シリーズが頭によぎるのですが、そのワインで言えば、「グリッロ」と「インツォリア」の良いところ取りをした印象。

そうなってくると、値段はアランチョシリーズの約1.5倍なので、「変わったワイン飲みたい」って思考じゃない限り、あえて買う理由はないかも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:4点

生産地:3点

買いやすさ:3点

売り文句:4点

インポーターさんから拝借。汎用性高いテイスティングコメントながら、飲みながら読んでぴったり一致。

緑がかった明るい麦わら色。濃厚で持続性のある繊細な果実の香り。植物的なフレッシュな印象。口当たり爽やかで果実味と酸とのバランスが抜群の辛口白ワイン。魚介類を使った軽めのお料理に合わせて。サーヴィス温度:10~12℃。

https://www.foodliner.co.jp/wines/sardegna/post_284.html

アロマ:2点

複雑性:3点

余韻:2点

バランス:4点

たいがくんポイント:4点

癖が少ない分、味わいのマイナス点がありません(プラスもないと言った意味)。希少性を考えると高評価不可避

総合評価:B(値段相応の味わい)

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。