オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

鬼コスパワインセットの定番銘柄。

デヴィルズコーナー シャルドネ 2018

DEVILS CORNER CHARDONNAY 2018

参考小売価格:2480円

購入価格:10本で12000円のセット

産地:オーストラリア/タスマニア

品種: シャルドネ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:都光

当研究所が一押しのワインショップ「カーブドエルナオタカ」さんの鬼コスパセット。ラインナップのマイナーチェンジを繰り返しながら現在第五弾になっている定番セットですが、その中で不動のポジションを維持しているのがこのタスマニアのシャルドネ。

正直なところ同じシリーズのピノ・ノワールが好みでなかった為、約6ヶ月前に購入していたのにも関わらず気乗りせずにセラーの肥しになっていた1本。

最近naotakaワインを褒めすぎている故に、ステマっぽくなってきてるのを防ぐためにこのタイミングで抜栓。

結論から言うと想像していた苦手なシャルドネ。

柑橘要素が主体で樽熟要素が薄いのに甘い。後味で水飴や綿菓子のような懐かしい風味に面白みは感じるものの、バランス的には疑問符。

スッキリ系か濃厚系シャルドネかどっちかに振れてくれていれば受け入れやすいのですが、どっちつかずで中途半端な為、飲む場面やシチュエーションも迷ってしまいます。

価格的に定価2500円クラスとなるとブルゴーニュシャルドネ、南アフリカやチリの高レベルシャルドネが比較対象になるので残念に感じてしまいます。しかし、実質千円前半を考慮すれば満足しなくてはいけないレベルかもしれませんね。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):40点

生産地:3点

アロマ :4点

バランス :5点

余韻 :5点

複雑性:6点

買いやすさ:3点

主観:2点

総合得点:68点

庶民のマリアージュ

  • 綿菓子
  • 生ハムメロン
  • アボガドサンド
  • ベーコンポテトパイ
  • マルゲリーター

↓1本目から好印象のシャルドネセット↓今のところ太鼓判です。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。