スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ロワール地方

デキャンター95点獲得のミュスカデ

ミュスカデ コート ド グランリュー シュール リー 2018 ドメーヌ ド オーブール

Muscadet Cotes de Grandlieu Sur Lie 2018

参考価格:税込2508円

購入価格:1本1200円(鬼コスパセット)

産地:フランス/ロワール

品種: ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ )

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

ミュスカデ コート ド グランリュー シュール リー 2018

以前飲んで激震した熟成ミュスカデのエントリーモデル。

流石に熟成された看板ワインとエントリーモデルでは実力が違うだろうと全く期待していませんでしたが、デキャンター95点獲得(18VT)の謳い文句が気になるところ。

色はとっても薄く、見た目からもミュスカデ 。

初日は9度ぐらいの白ワイン定番温度で飲んで、薄味のポカリのようなネガティヴな印象を受けましたが、香りはメロン、マスカット、白い花などの要素がほのかに感じられ、ブランド香水のようなエレガントなアロマも拾えます。

薄さを感じつつも、水っぽさは無いので、純粋にニュートラルな味わい。

後日冷やし気味(5〜7度)で飲んでみましたが、印象が良い意味で変わります。

溌剌とした切れ味が、味わいを引き締め、微量の甘さとミネラル要素が心地よく感じます。

ただし、究極のミュスカデ のエントリーモデルと言えど、一般的な千円ミュスカデ の領域から脱することはできず、デキャンター評価と自分の感覚が違うことを認識。

※後日、ポッドキャスト用で二人にブラインドテイスティングしてもらいましたので、私以外の感想も音声で楽しめますよ。

※諸事情によりミュスカデ のテイスティング回は、お蔵入りになってしまいました。※

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):41点

生産地:3点

アロマ :3点

バランス :6点

余韻 :2点

複雑性:4点

買いやすさ:3点

主観:4点

ミュスカデ のニュートラルな性質上、千円以下ミュスカデ と同じように感じてしまいます。

総合得点:66点

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。