オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/南部

初体験、高級グリッロ

マッツェイ・ジゾラ ジゾラ・アジーザ 2020

Maszzei Zisola Zisola Azisa 2020

参考小売価格:3124円

産地:イタリア・シチリア州

品種: グリッロ主体・カタラットビアンコ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社ファインズ

最近飲むワインのインポーターさんが偏りがちなので、久しく出会っていなかったファインズさんワインをセットでまとめ購入。

ファインワインのファインズにハズレなし。の期待値で、センターポジションのワインに挑みます。

シャルドネやピノ・ノワールは上下の振り幅が大きいので、庶民が手に取るべきではないと提言しており、Youtubeではそのネタで何本も動画を作らせていただいております。

つまり、庶民が選ぶべきワインは高価格帯で見かけないような品種を選ぶと、振り幅が小さい分がっかりすることもないと提案しておりました。

今回のグリッロがそれにあたるのですが、このワインはなんと税込み定価3千円超え。

初めて出会う高級グリッロに戸惑いがあったものの、飲んでみて納得。

良くも悪くも所詮グリッロでした。

1千円グリッロがクリアアサヒなら3千円グリッロはスーパードライ。

集中して飲めばその繊細さを感じることができるかもしれませんが、あくまで食中ワインとしてのポジション。濃厚な果実味でありながら、料理の邪魔をせず終始脇役にてっしてくれる味わい。冷えすぎてると苦辛が強調されるので9〜12度ぐらいの温度が飲み頃。

ただ、冷静に考えると、ビール1缶50円の価格差はシビアにジャッジするのに、ワインの1千円価格差は、ビールより鈍感になってしまいがち。

セットワインといえど、普段飲みで2千円ワインに手を出すと経済的罪悪感がでるので、もとめる感動指数も高くなってしまいますからね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com