オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
チリ

夏には安白箱に炭酸水という選択

 ロスカロス ウーノ ホワイトワイン

Los Calos WHITE Wine

参考小売価格:税込1511円

産地:チリ

品種: ソーヴィニヨン主体

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

製造元:南アルプスワインアンドビバレッジ株式会社

激安箱ワインのラインナップが比較的豊富なタカムラワインハウスさんから購入した危険な雰囲気漂っている箱ワイン。

ワインは安いものを選んで購入しているくせに、安すぎるのも怖じ気ついてしまうからです。瓶ワイン換算で500円を下回っているので実験として飲んでみました。

飲んでみて気に入らなければ炭酸割にすれば良いと思ってましたが、蒸し暑かったので一発目から炭酸割りで飲んでみます。

はっきり言って美味しいとは言い難いですが、缶酎ハイ系よりは糖質低めですし、ストゼロ系よりは優しいのでアリと言えばあり。

モーニングが洋風なら「朝専用アルコール飲料」として流行する予感がします。

そして、体が温まってきた頃合いをみて原液をチェック。

香りは安い白ワインに有りがちな埃っぽさを感じさせながら、飲んでみると紅茶っぽさもでてきます。

香辛料の辛味や桃缶のような甘さがミスマッチで、思わず炭酸水を追加投入。

後日氷割りで飲んでみましたが、ワタシ的にはベストな飲み方。

すぐに痛むものでもないので、長く付き合っていく事にしますよ。

本日の組み合わせ

食事と合わせることで、激安ワインの違和感がかなり薄れます。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Fランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。