スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ローヌ地方

初体験、本場ローヌの箱ワイン

レ・グランド・ヴィーニュ コート・デュ・ローヌ・ルージュ エステザルグ 2020

Les Vignerons d’Estezargues

参考小売価格:4000円ぐらい

産地:フランス・ローヌ

品種: サンソー主体、グルナッシュ

購入元:三本酒店

インポーター:野村ユニソン

どうです?

雰囲気出てるでしょ。

正真正銘のローヌワインが箱で売られてるってすごいでしょ。

当研究が推奨してる箱ワイン価格にも近いですし、まさに庶民のワイン好きが狙うべきタイプです。

実は安ローヌって苦手なので瓶では好んで買いません。

しかし、箱ワインエバンジェリストとしての義務感が、チャレンジ精神を奮い立たせました。

初日は焼肉と合わせましたが、マリアージュ成立。

しかし、食事前の味見段階では「今まで苦手に思ってた安ローヌど度直球」だったので、いい意味でも悪い意味でも苦笑い。

スパイス要素が強く、塩辛さとどきつい酸味が口の中を支配します。

南ローヌ好きにはたまらないんかなと首を傾げながら飲んでましたが、二日目に開花。

箱ワインでも開栓後に味が落ち着く現象ってあるみたいですよ。

箱ワイン界隈の常套句、フルボトル換算で千円の本格ローヌワインなので、あり得ない安さですね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。