オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ボルドー地方

ボルドーでロゼを造る理由。

シャトー・ラモット・ヴァンサン・ロゼ 2019

Chateau Lamothe Vincent Rose 2019

参考小売価格:1600円

産地:フランス・ボルドー

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン カベルネ・フラン

購入元:かめや

インポーター:モトックス

高級赤ワインの銘醸地ボルドーですが、赤で名前が売れているのにロゼワインをわざわざ造る理由って知りたくないですか?

そんなモヤモヤしていたところ、こんなツイートを見つけました。

ボルドー&コニャック在住8年目、 仏国家資格ソムリエ、ワイン経営学資格、 地球の歩き方ボルドー特派員のプロフェッショナルとお話できるって凄くないですか?

ダメ元でコメントしたところ快諾していただき、約1万キロ離れた場所とZOOMをまたいだ対談が実現しました。

知性あふれる方と話すとなると、くだらない質問をしてはいけないと思い、彼女のブログであらかじめ予習。

しかし、内容が貴族(知的レベルのお高い内容)過ぎたため、まずは語彙力でおなじみの齋藤孝先生の書物で自己研鑽。

あまりにも答え飽きられてる質問なんかもっての他なので、まさに質問力が問われると言っても過言ではありません。大前提として私は彼女に興味ありますが、彼女が私に興味なんてあるはずもなく、必然的に質疑応答スタートになるのは致し方ないですし、、、。

まぁ、下心としては、当研究所のポッドキャスト番組にあわよくば出演してもらえないかなーーーって考えてるからこそ厳密に戦略練るわけです。

そして、飲み物はもちろんボルドーを用意するのが筋なのですが、そこで冒頭の疑問を解決してもらうべくチョイスしたロゼワインなのです。

さて、どんな対談になったでしょうか、それはまた後日、、( ̄ー ̄)ニヤリ

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):49点

生産地:3点

アロマ :4点

バランス :7点

余韻 :5点

複雑性:5点

買いやすさ:3点

主観:8点

良い具合に濃いロゼワイン。ほんのりとした甘さがありつつ、酸味がしっかり支えてるキレイな味わい。

庶民のマリアージュ

  • 麻婆豆腐
  • しゃぶしゃぶ
  • 牛すき鍋
  • 揚餃子
  • サーモンフライ

本日到着の鬼コスパワインセット第7弾。ぼちぼちレビュー始めますよ

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com