オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

バルベーラに抱いている印象

ラ キウーザ バルベーラ ルビコーネ IGP 2020 カナル ディ モリーニ

La Chiusa Barbera Rubicone

参考小売価格:3828円

産地:イタリア・エミリア・ロマーニャ州

品種: バルベーラ

購入元:セラー専科(楽天)

インポーター:株式会社都光

セラー専科さんの「ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞記念福袋」からの1本。

説明書きのポジション的には目玉ワインっぽいのですが、「バルベーラ」は「酸っぱくて渋い」品種という印象があり、食指が伸びませんでした。

しかし、過去に飲んできたバルベーラは概ね定価2千円以下。

このワインは定価4千円近いので、全くの別ジャンルといって良いでしょう。集中力高めて飲んでみました。

色調は濃く、香りも強め。

プラムやサクランボを熟した苦手な香りから、ミント系や柑橘の要素も出ています。

飲んでみると「酸味強めですっぱ渋いワイン」で「うん、バルベーラだわ」と唸ります。

余韻は長く続き、良いワインであることは間違いないでしょう。あとは酸強ワインは食事との組み合わせ次第で大化けするので、こってりテリヤキチキンピザと合わせてみました。

本日の組み合わせ

ワインの印象ガラッと変わりますね。まろやかで味わい深いです。ビザのこってり感を程よく緩和させてくれるのでマリアージュ成立です。ビーフシチューだとかデミグラ系との相性も期待できますよ。

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com