オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

第9回#ニューワイン会はマルさんコラボ

丘の上 幸西ワイナリー シャルドネ 2020

KounishiWinery Chardonnay 2020

参考小売価格:2500円ぐらい

産地:日本・長野

品種: シャルドネ

購入元:nagano base shop

製造元:幸西ワイナリー

当研究所の中で購入頻度の高いnagano base shopさんが今回はニューワイン会に初登場。

赤白2本セットとシードルのおまけ付きで税込6000円と今までのニューワイン会の流れからすると貴族のワイン。しかし、「日本ワイン(長野)」って付加価値に1000円、ニューワイン会ってイベント的な楽しさに「1000円」、ワイン勉強中さんの企画力に「1000円」、マルさんのお人柄に「1000円」と考えると実質1本単価1000円の激安価格。

マルさんが自信を持ってセレクトしているので、絶対に美味しく感じること間違いなし。

気負わず、身構えず、場所的な付加価値も加味した上で飲んでみました。

香りから余韻までの過程で感じるのは「ミュスカデ」や「プティ・シャブリ」っぽさ。

ニュートラルな味わいに、引き締まった酸味の柑橘フレーバーとミネラル。温度が上がってくるとリンゴの要素もでてくるので、グラデーションもグッド。

飲む場面に酔っては物足りなさを感じる可能性もありますが、日本食と合わせることで真価を発揮するワインですよ。

本日の組み合わせ

老舗ホテルの日本食ランチ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com