フランス/ボルドー地方

クラシカルを感じろ。セカンドを侮るなかれ

フルール ド ペデスクロー 2018

Fleur de Pedesclaux 2018

参考小売価格:3520円税込

産地:ボルドー・ポイヤック

品種: メルロー80%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%、プティ・ヴェルド5%

購入元:セラー専科(楽天)

インポーター:株式会社都光

今年初めの方に購入したワインセラーのおまけとして付属していた高級ワイン。

特に高級ワインと身構えず、セラーの肥やしとして寝かせていました。どっか有名なシャトーなんだろうとは思っていましたが、なんと格付けワインのセカンドライン。

ブラックフライデーで購入した福袋がそろそろ到着する為、高級ワイン棚の入れ替えとして開けています。

まず、若いビンテージのボルドーにありがちな固さを取り除くため、味見前からエアレーション使用でテイスティング。

香は強目。ボルドーの特徴的なインクっぽさや、黒系果実系に繋がるテンプレート的な言葉を並べてくなります。

久々の村名ボルドーなので舌がびっくりしたのか、正直「美味しい」という感覚は湧いてきません。どちらかといえば昔よく飲んでたという「懐かしさ」に浸れる味わい。

ワイン飲み初めの頃は「ボルドーの味を覚えるべし」なんて無理やりボルドーばかり飲んでた時期があるので、その頃を思い出させてくれました。

良くも悪くも「セカンドワイン」。100年以上続いている格付けワインの雰囲気を安価に感じることができる意味で勉強になりますよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材