オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
フランス/シャンパーニュ地方

クリスマスはシャンパーニュでした。

ウィル アンジェール
エクストラブリュット NV

Will Hengere Extra Brut

参考小売価格:4600円

産地:フランス・シャンパーニュ

品種: ピノムニエ60%、ピノノワール40%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

庶民がシャンパーニュ開けるタイミングって難しいですよね。

今年の誕生日には、ケチって南アフリカのまるでシャンパーニュなんか選んで失敗したので、クリスマスイブは後悔しないように気合い入れました。

気合を入れて開けたシャンパーニュと言っても、私一般庶民ですから、もちろんセット購入の割引ゲット品。

1本あたり2300円税抜と、実は毎週末飲んでいる貴族ワインより格安。

となると、そこまで気張って飲むようなシャンパーニュではないのですが、まず泡の量がとても豊富で驚きます。当研究所でもたまに「まるでシャンパーニュ」なんて比喩を使ったりしますが、うかつにそんな例えは使っちゃいけないと思えるほど、別格の雰囲気。

香りは低めですが、シャンパーニュ特有のナッツやバタートーストの風味は健在。ボディーは中程度で、エクストラブリュット表記(超辛口・糖分量6g/L以下)にしては甘みを感じるので、期待していた極辛口とはいいがたい味わい。

淹れたては、力強かった泡の持続性は低く、最初に感じた感動はすぐに薄れますが、泡抜けしても甘さがダレないので、最後まで楽しめましたよ。

そして、今回封印していたシャンパーニュを飲んだことで、ストック補充の為、ワインショップをパトロールしてたら凄まじいシャンパーニュセットを見つけました。

ドサージュ違い(甘さ違い)で同じシリーズセット。しかもシャンパーニュとしては驚異的安さときたものです。

買わない理由はないですが、これは一気に開けて飲み比べをしたい玄人向け商品なので、年末年始の家族飲みには、価格的にもこの当たりもセットが無難かも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):4点

生産地:4点

アロマ :6点

バランス :6点

余韻 :6点

複雑性:6点

買いやすさ:3点

主観:6点

総合得点:41点

庶民のマリアージュ

ワインだけで味わって飲むべし。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。