スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
オーストラリア

鬼コスパセットのエースを賞味

デヴィルズ コーナー ピノ・ノワール 2018

Devils Corner PINOT NOIR 2018

参考価格:2480円

購入価格:1200円(セット購入)

産地:オーストラリア/タスマニア

品種: ピノ・ノワール

糖度:7.5度

購入元:CAVE de L NAOTAKA (楽天)

インポーター:株式会社都光

デヴィルズ コーナー ピノ・ノワール 2018

話題の【鬼コスパセット】で一番最初に紹介されている、おそらく目玉ポジション。

定価からの割引率は驚異の50%オフなので、そのあたり【鬼コスパ要素】はクリアしております。

オーストラリアのワインはあまり買うことがありませんが、味わいの安定度も高く費用対効果も悪くない印象です。

しかし、地理的呼称(GI)は存在するものの、非公式の小地区が多く混在する為、消費者としては、知名度や販売店さんの紹介で判断するしかなく、ワイン選びが難しく感じます。

今回のタスマニアワインは、販売店さんの説明通り、ピノ・ノワールとシャルドネの銘醸地として有名で、スパークリングワインの原材料供給地としても重要区画。南半球の南に位置している為、冷涼な気候がピノ・ノワールの栽培に適しているのでしょう。

さて、このワインの感想ですが、ど直球なわかりやすい新世界ピノ・ノワール。果実味の要素が強いので、やや単調に感じますが、お値段的に許容範囲。バランスは整っていますが、逆にいえば突起してるポイントがないです。タスマニアワインは今回初めて飲んだのですが、「タスマニア」を感じれる要素は掴みきることはできませんでした。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:5点

生産地:3点

買いやすさ:3点

売り文句:4点

ワイン情報、テイスティングコメント、楽しみ方のアドバイス、これぐらいの分量が読むのに最適です。過度な煽りもなく、内容も申し分無し。

ただ、これがテロワールワインなのかと言われると疑問符。

地元で最も愛されるタスマニアワイン!タスマニアのテロワールを最大限活かし、クリアでピュアな果実味に溢れ、若いうちから楽しめるワインを造っています。コストパフォーマンスに優れ、現在では「オーストラリア国内売上No.1タスマニアワインブランド」として地位を確立しています。ダークフルーツのアロマと、ほのかにスパイシーな香りが立ち上がる。口中にはフレッシュな酸と共にジューシーな果実味が広がり、柔らかいタンニンが包み込む。破砕後は果皮と共に発酵。丁寧な抽出により、バラエティ豊かな風味を醸し出します。軽めの前菜からしっかりとした肉料理まで、食事を通して楽しめるワイン。

楽天販売ページより引用

アロマ:3点

複雑性:2点

余韻:3点

バランス:3点

たいがくんポイント:3点

セットワインの一押しポジションってことで期待しすぎたかも。

総合評価:B(購入価格的にはお値段以上)

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。