オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

ブルゴーニュ革命、これは掘り出し物です。

コート シャロネーズ ピノノワール ビュクシノワーズ 2021

COTE CHALONNAISE BUISSONNIER PINOT NOIR 2021

参考小売価格:1999円

産地:ブルゴーニュ/コート・シャロネーズ

品種: ピノ・ノワール

購入元:リカオー

インポーター:株式会社ルミノヴィーノ

リカオーさんの店頭で投げ売り販売されていたブルゴーニュワイン。

コート・シャロネーズ区画で買値はなんと1300円

ただ安いだけのブルゴーニュは買うななんて動画で言っておいてなんですが、ものは試しです。

投げ売りではなく、リカオーさんの太っ腹で販促販売されている商品かもしれませんからね。

興味本位で飲んでみました。

外観はいたって標準的なブルゴーニュ。透き通った赤紫でピノ・ノワールの特徴がしっかりでてます。

香りも一般的なブルゴーニュ。感覚的には3千円ぐらいの雰囲気出てます。

赤系果実、ハーブ系、ミネラル系、鉱物系、この時点で勝利は確定。

飲み始めはエグみがありましたが、10分程度の空気接触でネガティブ要素なし。

酸味、タンニン、甘さのバランスも秀逸で、口の中でフワッとっと消える。

ピノ・ノワールに口うるさい私ですが、このブルゴーニュはガチです。

記憶の引き出し引っ張り出してきて、パトリス・リオンや、オリヴィエ・ルフレーヴといったスター生産者のACブルゴーニュと遜色ないかもしれません。

人生初、買いだめしようか検討中のブルゴーニュです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com