オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

アメリカ

お値段見て逆の意味でビックリ

ベリンジャー ナイツ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨン

Beringer Knights Valley Cabernet Sauvignon 

参考小売価格:4979円

産地:カリフォルニア、ナイツヴァレー

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:アマゾン

インポーター:サッポロビール株式会社

昨年末のアマゾン大セールで購入していたベリンジャーのフラグシップ。

「とっておきの日に開けるなり〜」ってことで約半年間セラーの肥やしになっておりましたが、保管コストを考えると割引分が相殺されたかも知れません。

感覚的には3ヶ月ぐらい前に購入したつもりだったので、時が経つ速さに身震いしているのであります。

今月頭に注文していたうきうきワインさんの福袋が届かなく、いよいよ飲むワインがなくなったので致し方なく日常消費であけてみました。

まずは儀式としてエアレーション。

デキャンタに一気に流し入れ、じっくり味わいます。

まずは第一印象、超美味しいです。

最近コテコテのバニラ風味飲んでなかったので懐かしさを感じます。

程よい甘さとタンニンでバランスもグッド。

ただ、チャレンジ的にスパイスカレーとペアリングしてみましたが、絶望的にミスマッチ。

こんなにワインが不味くなるとは、逆マリアージュ恐ろしいです。

その後食後に飲み直しましたが、普通に美味しいです。思い描いているカリカベ(カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨン)にピッタリのリッチな味わい。

しかし、お値段ですよね。記憶の限りでは3千円ぐらいのワインを2千円ぐらいで購入していたつもりでしたが、定価脅威の5千円、買値3千円の貴族ワイン。

これなら定価2千円台のチリカベやアルゼンチンマルベック選んだほうが断然賢い選択。

円安の影響も大きいですが、新世界の国際品種にコスパを求めるならカリフォルニアは避けるべきかも知れません。「ベリンジャー!」とか名前で飲むなら別ですが。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Eランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com