オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

ニュートラルタイプは注意せよ

ソミュール ブラン ソリテール ドメーヌ デ ロッシュ ヌーヴ  2018

Domaine des Roches Neuves Soliterre Saumur Blanc

参考小売価格:3000円

産地:ロワール地方・ソミュール

品種: シュナン・ブラン

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:ファインズ

和食にあうファインズセレクトセットから最も楽しみにしていた1本。

今年飲んだワインで一番のお気に入りが南アフリカのシュナン・ブランだったので、本場ロワール地方の記号(AOC)付きの実力は如何ほどかとトキメキます。

重厚なボトルから高級感漂っていますし、濃厚濃密なタイプを期待して開けてみました。

結論、思ってたんと違う。

シュナン・ブランの特性(ニュートラルな品種)を考えれば当然なのですが、最近イメージ通りのシュナン・ブランに出会いすぎていたため不意を突かれました。

シュナン・ブランもシャルドネと同じ用に多種多様なスタイルが存在する品種だということを。

イメージしていたのは樽のニュアンス、バターやトースト、蜂蜜っぽさでしたが、このワインは苦味柑橘系。

わかりにくいフランスワインの典型で、率直に「美味しい」と言えない小難しさがあります。

飲んでみてミネラルを感じたので、ホタテのバター焼きと組み合わせてみましたが、生臭さがでてきました。そうなると他の魚介類との組み合わせも難しそうですし、和食と合わせるというコンセプトでも万能感はないのだと実感します。

だからこそワインって面白いんですけどね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com