オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

アメリカ

棚で熟成された投げ売りロゼの実力

ダークホース ロゼ 2016

DARK HORSE ROSE 2016

参考小売価格:1600円ぐらい

産地:カリフォルニア

品種: グルナッシュ、バルベラ、ピノ・グリージョなど

購入元:ドン・キホーテ

インポーター:サントリーワインインターナショナル株式会社

ドン・キホーテの投げ売りカートから救済した割引ワイン。

飲む時になって気づいたのですが、なんとビンテージは2016年。

ロゼワインで7年熟成ってなかなかお目にかかれないですよね。

 一般的にロゼワインの多くは熟成させず早飲みタイプに仕上げられおり、フレッシュ感が最大の特徴とされているので、投げ売りの判断はもう少しはやいほうが良いのではと思ったり。

とはいえ、半額ゲット。ネタ的にも興味的にも味わいがどうであったとしてもダメージはゼロ。スクリューキャップでブショネの心配もないので、広い心を持って飲んでみました。

香りはフルーツの要素が残っていて生きています。飲んでみても違和感ないですね。

しかし、美味しいと言える代物ではないですし、ワインに慣れてない人が飲むと「不味い」となるでしょう。

苦味、エグミ、もの足りない酸味。チェイサーワイン(濃い赤ワインの隣において水代わりに飲む)や、食中のお茶と割り切ると許容できる範囲ではあります。

「一生のうちに飲めるお酒の量は決まってる」とたかをくくってる人や、週に1〜2本ぐらいしか飲まない人には「投げ売り棚熟成はやめとけ」と助言しておきましょう。

他の棚熟成ロゼはそうでもなかったんですけどね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

アマゾン販売リンク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com