スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
ブルガリア

激安ピノ・ノワールfromブルガリア

サイクル ピノ・ノワール 2017

Cycle Pinot Noir 2017

参考小売価格:1250円

産地:ブルガリア/トラキアン・ヴァレー

品種: ピノ・ノワール

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Cycle Pinot Noir 2017

明るいうちに飲む赤ワインって、やっぱり軽めのボディがいいじゃないですか。

そんな気分に寄り添ってくれる品種ピノ・ノワールですが、意外と濃い味があるのを忘れてました。

今回のワインは、エニーラを筆頭とし、低価格でも良い印象しかない「ブルガリア」と、現地と変わらない値段設定に定評のある「モトックス」のゴールデンコンビ。そんな先入観故に期待値高めでテイスティングしちゃいました。

よく言えば、「生き生きとした果実味。イチゴを連想させる赤系果実主体のフレッシュな香。微かに血液、草、ミントの要素も感じられる。口に含むと果実のはっきりとした甘味が印象的だが、徐々に酸も立ってきてバランスは整っている。余韻の方でタンニンも出てくるので、価格帯を考慮すると適度な複雑性を持っていると言えます。

まぁ悪く言えば「ちょっと背伸びしたフルーツ爆弾の単調な味わい。」

万人受けする分かりやすい味に仕上がってる一方で、普段レンジが3千円クラスならび、熟成ピノや繊細ピノが好みの人には絶対にお勧めしないタイプ。

まぁ、安いは正義なんですけどね。。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:2点

アロマ :6点

バランス :4点

余韻 :3点

複雑性:2点

買いやすさ:3点

主観:6点

悪いニュアンスに伝わったかもしれませんが、実勢価格千円を考えると大健闘。しかしコノスルクラスのメジャー安ワインと比べると多少ランクは落ちます。

総合得点:76点

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。