オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
イタリア/北部

庶民のワイン研究所初登場のDOCG

フランチャコルタ ブリュット コルテアウラ 

Franchiacorta Brut Corte Aura

参考小売価格:税込み4290円

産地:イタリア・ロンバルディア州

品種: シャルドネ90%、ピノ・ネロ10%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

楽天市場で毎月1日に開催される食フェスクーポン。

7000円以上のお買い物で1000円引きになるので、普段から「送料込み7000円のセット」を狙い撃ちして購入しております。

今回は、3本7000円のカスタムセット。

同じ店舗から繰り返し購入していると、定番セットでは見慣れた銘柄が増えてくるため、自分で選べるセットは非常にありがたいです。

まずは1本目にチョイスしたのがこのフランチャコルタ。

ワインを少し勉強した事がある人ならご存知でしょうが、イタリアではシャンパン並みに高品質なワインと称されています。

しかし、値段もシャンパンに匹敵するため、一般的には知名度の高いシャンパンを選びがちになってしまいます。

そもそも、シャンパンとフランチャコルタでは流通量が段違い。

当研究所でも買いたい、飲みたいって思いながら、虎視眈々とチャンスを伺っていたのですが、ようやく辿り着けました。

休肝日明けの神経研ぎ澄まされた状態で満を持して開栓。

香の強さはフランチャコルタとして説得力のある強さ。イースト香、蜂蜜、グレープフルーツにみかん。泡の量も豊富で、噛みごたえあり。

冷蔵庫温度から飲み初めて、炭酸抜けるまでゆっくり楽しみましたが、ピークは一口目が一番好きでした。

泡が抜けてからは「キレイな白ワイン」止まりで、同価格帯のシャンパンと比べると同等レベルから抜け出せません。

それでもフランチャコルタとしてのエンタメ性は高く、安シャンパン飲むより集中力高く1杯の重みを感じることができました。

これが2千円台で買えたのは驚異と言えます。

フランチャコルタ飲み比べセットも単価安いので、挑戦してみたくなりますね。

本日の組み合わせ

コーンチーズパン。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。