オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

半甘口にビビるな!ハーフドライを克服せよ

アンジュ ブラン ハーフドライ ドメーヌ アスレ 2022

ANJOU DEMI-SEC DOMAINE Asseray

参考小売価格:3000円ぐらい

産地:フランス・ロワール地方・アンジュ

品種: シュナン・ブラン

購入元:リカオー

インポーター:株式会社ルミノヴィーノ

リカオーさんの店舗で行われていたロワール特集が年末からセール対象に。

秋口ぐらいから注視しておりましたが、絶対に安くなると予測し、狙い通りの30%オフぐらいで銘醸ワインをゲット。

ワイン飲み始めの頃は半甘口とか想像しただけで不味そうに感じていましたし、半辛口も中途半端に甘く感じ毛嫌いしておりました。

皆様の中にも半辛口とか半甘口にトラウマ持ってる人結構いると思います。辛いと思ったら甘かったり、甘いの期待したらそうでもなかったり、食中ワインとしてミスマッチを連想させたり。

そこで私が提唱したいのは、まずはAOCから試してみてはいかがということ。

なんせフランス国家が認めた基準なのですから、飲み方さえ間違わなければ落胆することはないということ。

そんなマインドでこのアンジューの半甘を飲みましたが、久々の感動レベル。

カレー食べるタイミングで適切なアルコールがなかったので、食前と食後に飲むつもりが、ダメ元で合わせてまさかのグッドペアリング。

激辛カレーでヒリヒリになったところに甘いシュナン・ブランがコーティング。ベタついた甘さだと食中にはキツイって感じですが、わたし的には午後の紅茶ストレートぐらいの甘さなので、カレーじゃなくても「絶対に食中は無理」というほどでもないです。

かといってたまたまペアリングが成功しただけなので、基本は、食前のアルコール慣らしや、食後のデザート代わりが半甘口という基準を美味しくいただく鉄則かもしれません。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Aランク

リカオーさんの輸入日誌

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。