オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/中部

玄人好みの上級者ワインとうもの

エテシア ピノグリージョ ウンブリア キオッリ 

ETESIA Pinot Grigio Umbria

参考小売価格:3355円

産地:ウンブリア州

品種: ピノ・グリージョ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社ディヴィーノ

鬼コスパセット第36弾の中で特に楽しみにしていた1本。

お気に入り品種のピノ・グリージョですし、高級ワインと呼べるにふさわしい定価3千円越え。そして何よりイタリアワインの輸入に特化しているインポーターであるディヴィーノさんの輸入ワイン。

前回風土さんの高級ピノ・グリージョを飲んだときは、低価格ピノ・グリージョの延長線上にある進化系という印象だったので、今回はまた違ったピノ・グリージョにであえることを期待して飲んでみました。

香りはかりん糖のような甘さですが、それだけが主役というわけでなく、複合的に様々な要素が絡み合って「わかりにくい」です。

ワインの見始めの頃はこの「わかりにくさ」に取っ付きにくさを抱いていたのですが、最近はむしろこのようなワインにトキメキを感じます。

飲んでみても「苦味」と「辛味」がメインなので、普段フルーティーなワインを好んでいる人たちには拒絶感すら芽生えそうですが、私は久しぶりに口の中でクチュクチュさせてしまうほど美味しく感じました。

今までに出会ったことのない味わいのワインに出会えた感動で久々に心震えたしだいです。

最近同じようなワインしか飲んでないなぁ〜って人に是非試してもらいたい「思考を必要とする」ワインです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com