オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

旨安大賞(RWG)らしいっす。

クレマンド・リムー レ・グレムノス

Cremant de Limoux Les Graimenous

参考小売価格:2200円

産地:フランス・ラングドック・リムー

品種: シャルドネ 60%/シュナン 30%/モーザック 5%/ピノ・ノワール 5%

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Cremant de Limoux Les Graimenous

モトックスさんのかんたんワイン検索で、安いスパークリングから順番に買っていって辿り着いた1本。

始まりは千円以下からでしたが、ついに定価二千円オーバーに突入してしまったので、モトックスの泡もこのあたりで打ち止め。

まずはサイトの説明をチェック。

元シャンパーニュの生産者がリムーで立ち上げたワイナリー。アペリティフに最適のフレッシュなスタイル。第一搾汁だけを使った繊細な泡も美しい。

https://www.mottox.co.jp/search/detail.php?id=640560

インポーターのコメントだけ読むと、以前飲んだ同じ生産者で定価3千円クラスであるクレマンリムー ルクロドモワゼル との差が分かりづらい同じような説明なのですが、専門誌の評価では安い今回の方が上。「元シャンパン生産者うんぬん」や、「リアルワインガイド安旨大賞」ってキーワードを冷めたテンションで飲んでみました。

泡の量は中程度。レモンの皮を連想させる柑橘主体で酸味の効いた香りに、飲んでみても酸が立っているフレッシュで爽快感を感じる味わい。

果実味からキャッチできるボリュームもある程度あり、炭酸が抜けた翌日でも純粋にワインとして楽しめるので、定価二千円オーバーのスパークリングとしては基準値をクリア。

ただ、最近飲んだ同じモトックス輸入のポルトガルスパークリングが、似たような方向性で得られる満足感も似ているので、1000円安いポルトガル泡を押したい所。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 一日の締め飲みでスッキリ終えたい時。

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com