オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

幻想のルーチェ。オススメ頂いたMBA

石蔵和飲 ルミエールワイナリー マスカットベイリーA

Lumiere ISHIGURA-WINE

参考小売価格:2200円

産地:山梨

品種: マスカット・ベーリーA

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

製造元:株式会社ルミエール

以前「花鳥風月 麻屋ルージュ」をまるでシャンボール・ミュジニーなんて例えたら、幻想のルーチェとしてこちらのワインをオススメ頂きました。

お勧めいただいたワインは全て購入しているわけではないですが、鬼コスパセットをカートに入れた際、同店舗に取り扱いがあったので、抱合せで購入出来た次第です。

さて、当研究所では恥ずかしながらルーチェなるものを飲んだことがありません。

そうなれば、こちらのワインを「幻想のルーチェ」として思う存分楽しめるわけです。

と或る飯屋のSGZさんの追加情報によるとどこかサンジョヴェーゼっぽいとのこと。

MBAにしては低価格ですし、スクリューキャップでカジュアルさをアピールしていますし、ライトボディー表記。過度な期待を抑えつつ飲んでみました。

香りはイチゴや綿あめ。第一印象は典型的なカジュアルタイプのマスカット・ベーリーA。

口当たり優しく柔らかいタンニン、ほんのりとした甘さで残糖感はなし。

この日は二日酔い後だったので、ちょうどよい軽さと言いますか、いわゆる「親しみやすいワイン」と表現されているタイプ。

サンジョヴェーゼっぽいと思い込みながら飲むとそのような雰囲気もありますし、この延長線上にルーチェが存在すると思うと飲んでいて楽しいです。

マスカット・ベーリーAも続けて飲んでいると、「典型的なマスカット・ベーリーA」とはなんぞや、と自問自答を繰り返してしまいます。多分ボディーの重さでタイプ分けすると何か見えてきそうです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com