オーストラリア

スクリューキャップワイン大好き。チュ。

ベンチマーク・セミヨン・ソーヴィニヨン・ブラン/BENCHMARK SEMILLON SAUVIGNON BLANC

参考価格:1600円

購入価格:10本で9980円(パーティーパック)

産地:南オーストラリア州

品種:ソーヴィニオンブラン/セミヨン

購入元:エノテカオンライン

インポーター:株式会社エノテカ

エノテカ10本セット最後の一本です。

セットの半分以上が同じようなソーヴィニオンブランタイプだったので、後半の方は、同じような味わいに嫌気がさしてきて、適当レビューのディスり気味でしたが、最後ぐらいは純粋な気持ちでグラスに向き合うことにします。

オーストラリアで一番生産量が多い南オーストラリア州。生産量が多いと言うことは、必然的に栽培条件が他所よりも優れていると受け取ってもあながち間違いではない。

そう、今回は一つ一つポジティブに考えていきますよ。

品種のメインはソーヴィニオンブラン。これまた、オーストラリアでは白ブドウ第2位の生産量を誇る、同国の白ワイン代表格といっても過言ではないでしょう。

さて、

グラスに鼻を近づける前にここまで書くと、目の前にあるグラスに対して「飢えと渇き」が芽生えてきます。これだけでかなりのアドバンテージ。

では、始めます。

薄いグリーンかかったイエロー。フレッシュで爽やかな青リンゴをイメージさせる外観。

くんくん

まさに青リンゴ、レモン、グラスを回すと、かすかにラムネ。

うむ。悪くない。

酸味自体はしっかり感じられますが、なめらかなので、トゲがない。ここで甘くなると一気にバランスが崩れるところですが、キュウイフルーツで例えるとゴールドよりグリーンの味わい。ここは混じっているセミヨン君のファインプレーといったところか。

コンパクトに収まってて、後味もスッキリしているので、寝起きすぐでも飲める優しさがあります。

今回のセットワインまとめ。

全体的に無難なワインが揃っていたので、「ハズレ」はなかったです。

しかし、無難な故の「個性」といった点では、生産国や品種で重複していたワインも少なくなかった為、面白みがなかったのも事実。

結論としては、年間白ワインの消費量が50本未満ぐらいの人なら、安価で、外れなく、定番品種を楽しめるので、絶対後悔はしないセットですよ。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント