オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ドイツ

掘り出し物?千円台で買える本格リースリング

J&Hゼルバッハ リースリング インクライン 2020

J&H SELBACH RIESLING INCLINE 2020

参考小売価格:1600円ぐらい

産地:ドイツ・モーゼル

品種: リースリング

購入元:トレード品

インポーター:株式会社飯田

お正月に妻実家の冷蔵庫で発見したワイン。福袋の高級ワインを持参していったので実質トレードという形になります。

モーゼルのリースリングは安くても3千円ぐらいはしそうな印象だったので、見つけた時はトキメキました。

そのまま値段を調べずに飲み終えたのですが、

「うん、流石はリースリングの銘醸地モーゼル。こりゃ安くても3000円ぐらいはする代物ですな。紅茶の要素も出てるし、リッチな風味がなんともいえない。」

と美味しく頂けました。

その後、値段確認してみると驚きの半値。

値段知ってから振り返ってみると「ちょっとオイリーで酸が物足りなかったかなぁ〜」なんて記憶が改ざんされていきます。安いワインはネガティブな要素を掘り起こそうとしてしまうマインド、なんとかしなくてはですね。

ただ、コノスルリースリング飲んでる時は「千円でこれはすごい、モーゼルだと3千円ぐらいしそう」なんて言ってましたが、いざモーゼルの千円台を飲み終えてみると「味以外の要素」でモーゼルのほうが満足度が高いですね。

産地名ってパワーワードになってますよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com