チリ

品種はシャンパン、味わいはアスティ系。

インドミタ・ブリュット 

Indomita Brut

参考価格:1100円

購入価格:643円

産地:チリ/カサブランカバレー

品種: シャルドネ60%、ピノ・ノワール40%

購入元:セラー専科(楽天)

インポーター:株式会社都光

インドミタ ブリュット

インドミタのワインはワンコインのカルメネールロゼブリュット と賞味してきましたが、チリの神コスパワイン「コノスル」に追いつけ追い越せな雰囲気は感じます。

このワインもそんなイメージを崩すことなく、一定水準のクオリティは持ち合わせていました。

抜栓直後、グラスに注ぐ前から力強く漂う果実味アロマ。

パッションフルーツ、柑橘系、りんご、バナナ、メロン、、、フルーツ要素しか感じないものの、様々な果物要素を感じ取ることができます。

ブリュット 表記(辛口)ですが、切れ味(酸味)に物足りなさを感じるので、やや甘さ主体な味わい。

多少ガムシロップのようなベタついた甘さを感じるので1日限界2杯、翌日持ち越し厳禁なので、三人以上が集まった時がよいかも。

スパークリングワインの銘醸地シャンパーニュと使用品種は同じですが、全く別の味わいになっているので面白さはあります。

食事と合わせるよりは、最近紹介したイタリアの「アスティ」的なポジションで呑むことをお勧めしますよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:5点

生産地:3点

買いやすさ:3点

売り文句:4点

ニュアンスの取り方は完全に一致。ワイナリー情報も適量で好印象。

アロマ:4点

複雑性:2点

余韻:2点

バランス:3点

たいがくんポイント:1点

呑むタイミングで評価が分かれるタイプ。私はグラスにお残ししちゃいました。

総合評価:B(値段相応の味わい)

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:たいがくん(35)/年間個人消費500本以上のワイン中毒者/ブラインドテイスティングコンテスト日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/弱小フリーランス→投資家(目標)/毎日更新のテイスティング日記/水曜配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Apple狂信者/通販マニア