オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

重厚ボトルでチャーミングなロゼ泡

インドミタ・ブリュット ロゼ

Indomita Brut Rose

参考価格:1100円

購入価格:643円

産地:チリ/カサブランカバレー

品種: ピノ・ノワール90%、ピノ・グリ10%

購入元:セラー専科(楽天)

インポーター:株式会社都光

インドミタ・ブリュット ロゼ

インドミタのワインは昨年ワンコインのカルメネールが好印象だったため、セット内容に含まれていたのを知った時は嬉しく思いました。

まず肉厚で重厚感のある高級ボトルが、ただならぬ雰囲気をかまし出しており、予備知識なしだと千円台とは思えない風格があります。

外観は綺麗なピンク色。泡の量は少なめな中の下レベルでがっかり。

香りも弱く、グラスに鼻を突っ込んでクンクンするとチェリー、ストロベリー系のやや甘めの赤果実ニュアンスを感じ取れます。

この時点で最初の期待値が駄々下がりだったのですが、飲んでみると許容できる範囲には収まっておりました。

薄口ですが、スッキリとした甘味が初夏の季節に心地よく感じさせてくれます。

密度が薄く、どちらかといえばジュースっぽいので、二千円近くで買っていたら残念認定クオリティ。しかし、定価でも1100円税込価格なので、庶民のデイリーポジションとしては大いにアリですよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:5点

生産地:3点

買いやすさ:3点

売り文句:5点

ニュアンスの取り方は完全に一致。ワイナリー情報も適量で好印象。

アロマ:2点

複雑性:2点

余韻:1点

バランス:3点

たいがくんポイント:3点

癖がないので、玄人貴族じゃない限りは許容できる範囲。

総合評価:B(値段相応の味わい)

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。