オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

新酒?できたてホヤホヤのシュナン・ブラン。

ワイルドハウス シュナンブラン ワイルドバーグ 2023

Wild house Chenin blanc 2023

参考小売価格:1200円

産地:南アフリカ

品種: シュナン・ブラン

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:三国ワイン株式会社

CAVE de L NAOTAKAさんの公式ライン登録でもらえた2000円クーポンを利用して購入した南アフリカの自然派っぽいセット。

シュナン・ブランもシャルドネと同じで、樽熟成されたタイプとそうでないタイプで全くの別物。濃厚な樽熟成されたタイプを期待して飲んでガッカリということは少なくありません。

そういった意味で、このワインは販売元のテイスティングメモに

パイナップル、アカシア、ほのかな洋梨の香り。柑橘系果実、ライチとともに、いきいきとした酸が特徴的です。土壌に由来するミネラル感、シュール・リーによるまろやかさ、複雑さも感じられます。

https://a.r10.to/hNs9L4

とあるので、明らかに樽を使っていないタイプ。

そもそも定価千円台前半なので、コスト的にも樽を使っていないと予測できますし、ビンテージはなんとできたてほやほやの2023年ではないですか!

一瞬、11月にリリースされる新酒がよぎりましたが、冷静に考えると南アフリカは南半球。季節が間逆なので、おそらく年始あたりに瓶詰めするのでしょう。

そういった意味で、できたてホヤホヤとは言えませんが、気分は新酒。

テイスティングコメントから味わいのイメージを固めた上で飲んでみました。

雰囲気的には柑橘タイプの冷涼安シャルドネ。プティ・シャブリみたいな感じですね。

ミネラル感といい、口の中でシェイクして楽しめる面だったり、安シャブリ飲んでる気がします。

一日通しで飲もうとすると飲み飽きるタイプ(締めで赤が飲みたくなる)ので、前菜ワインとして日をまたいで飲むとします。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。