チリ

庶民のワイン研究所「真夏の泡特集」第三弾『チリ・タカムラ・超辛口」

安定したお買い得スパークリングセットの代名詞といえば「タカムラワインハウス」と「ヴェリタス」。その中でも、タカムラワインハウスはインポーター兼務で不良品対応も神

まさに庶民のためのワインショップ。

最近の当研究所一押しは「フィラディス」ですが、絶対にハズレワインがないことがフィラディスの最大の欠点。その要員としては、「フィラディスに千円以下ワインが無い」ということ。

そう、ここは庶民のワイン研究所。千円以下ワインにチャレンジしてこそ、その真価を発揮できるというもの。

今回のセットはズバリ1本単価900円。

餌まきワインと在庫処理ワインが必ず混合しているので、とくと見極めようではないか。

VFスパークリング エクストラ ブリュットNV ヴァッレ フリオ

VF Sparkling Extra Brut

参考価格:1360円

購入価格:12本で10800円

産地:チリ/セントラル・ヴァレー/マウレ・ヴァレー

品種:シャルドネ90%/ソーヴィニヨン・ブラン10%

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

インポーター:タカムラ株式会社

庶民のワインポイント:82.7点

エチケットに大きく記載されている「エキストラブリュット」は、限りなく糖分が残っていない超辛口タイプ。

ハズレワインでありがちなのが、毒々しい甘さなため、「エキストラブリュット」表記だけでも「絶対にハズレではない」ことが判断できます。

そして、何より「洗礼されたラベルデザイン」。

かなり旨ーいオーラでてますよ。かなり。

さて抜栓。

色合いは薄めだが、高い気圧がグラス内で沸き立つ。そして「力強いアロマ」。

補糖を限りなくゼロに等しい製法で、驚くべきほど、フルーティーで熟成香が立っているアロマ。

シャンパーニュとは全くの別物だけど、シャンパーニュ(五千円以下レベル)より好きになる人は一定数いる味わい。

予備知識一切なしで「シャルドネ」正解でしたが、その要因は、ブルゴーニュのそれ(モンラッシェ)に近いものを持ち合わせているから(多少盛ってます)。

単品価格でも驚きの1500円以下は、今後の泡特集に登場してくるスパークリングたちに、厳しめの評価を下してしまいそうな予感がしてまいりました。

庶民のワインポイント 

価格:100点

1本あたり900円

生産地:68点

マウレ・ヴァレーまで絞れているのは千円以下では珍しい。

買いやすさ:70点

楽天利用者やセット購入に抵抗なければ買いやすいですが、それ以外の方だと購入ハードルは高め。

売り文句:90点

完璧なテイスティングコメント。

アロマ/泡の量:75点

昨日のシャンパーニュよりは上のレベル。

複雑性:84点

熟成香からくる、複雑性は素晴らしいの一言。

余韻:45点

鼻から抜ける香りは合格点。

たいがくんP:90点

満点あげたいところだけど、ラベルの雰囲気であたりが確信できたので、驚きのなさが原点理由。

加算点前の平均:77.7点

メディア:0点

検索の結果、めだった賞はありませんでした。

生産者:2点

低価格レンジで何種類か発見。

SNS:3点

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント