オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

SBの銘醸地プイィ・フュメに挑む。

プイィ フュメ マール キンメリジャン 2016 ヴィルボワ 

Villebois Pouilly Fume Marnes-Kimmeridgiennes

参考小売価格:6000円

産地:フランス・ロワール・サントル・ニヴェルネ・プイィフュメ

品種: ソーヴィニヨン・ブラン

購入元:Cave de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

6月の福袋商戦でゲットした1本。

ソーヴィニヨン・ブランの世界的な銘醸地「プイィ フュメ」かつ世界一のソーヴィニヨン・ブランを生み出した生産者ヴィルボワ(詳しくは販売ページ)なので、福袋開封時に一番テンションが上がった1本。

肌感覚だと、定価3千円以下のソーヴィニヨン・ブランはどれも似たりよったりで、頑張って高価格帯(2〜3千円)に手を出しても、「これやったら安いの飲んどけばよかったわ」って後悔する事が多いです。

それ故にいくら「村名!」「有名生産者!」だったとしても自ら購入することはできず、ましてや6千円のワインなんて「頑張ればボルドーの格付けワイナリー」クラス買うことが出来ますからね。

そういった意味でも高い期待値をもって飲んでみました。

結論を言うと、定価で購入していれば「これやったら安いの飲んどけばよかったわ」ってなる味わい。

プイィ・フュメ感というか、ロワール感というか、どちらかと言えば新世界(ニュージーランドやチリ)っぽいキャッチャーな味わい。

安ワインには持ち得ない濃密さは感じられますが、5千円オーバーに期待する恍惚的気分になれる説得力はありませんでした。

ただ、販売ページに飲み頃は10〜15年後としっかり記載されており、そう言われると今飲むやつが悪いって脳内処理できます。

リアルワインガイド風に点数つけると 今飲んで80点 ポテンシャル90点 飲み頃予想2026〜2031年的なやつですかね。

本日の組み合わせ

猫をみながらマインドフルネステイスティング

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com