スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ロワール地方

SBの銘醸地プイィ・フュメに挑む。

プイィ フュメ マール キンメリジャン 2016 ヴィルボワ 

Villebois Pouilly Fume Marnes-Kimmeridgiennes

参考小売価格:6000円

産地:フランス・ロワール・サントル・ニヴェルネ・プイィフュメ

品種: ソーヴィニヨン・ブラン

購入元:Cave de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

6月の福袋商戦でゲットした1本。

ソーヴィニヨン・ブランの世界的な銘醸地「プイィ フュメ」かつ世界一のソーヴィニヨン・ブランを生み出した生産者ヴィルボワ(詳しくは販売ページ)なので、福袋開封時に一番テンションが上がった1本。

肌感覚だと、定価3千円以下のソーヴィニヨン・ブランはどれも似たりよったりで、頑張って高価格帯(2〜3千円)に手を出しても、「これやったら安いの飲んどけばよかったわ」って後悔する事が多いです。

それ故にいくら「村名!」「有名生産者!」だったとしても自ら購入することはできず、ましてや6千円のワインなんて「頑張ればボルドーの格付けワイナリー」クラス買うことが出来ますからね。

そういった意味でも高い期待値をもって飲んでみました。

結論を言うと、定価で購入していれば「これやったら安いの飲んどけばよかったわ」ってなる味わい。

プイィ・フュメ感というか、ロワール感というか、どちらかと言えば新世界(ニュージーランドやチリ)っぽいキャッチャーな味わい。

安ワインには持ち得ない濃密さは感じられますが、5千円オーバーに期待する恍惚的気分になれる説得力はありませんでした。

ただ、販売ページに飲み頃は10〜15年後としっかり記載されており、そう言われると今飲むやつが悪いって脳内処理できます。

リアルワインガイド風に点数つけると 今飲んで80点 ポテンシャル90点 飲み頃予想2026〜2031年的なやつですかね。

本日の組み合わせ

猫をみながらマインドフルネステイスティング

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。