オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

休肝日前のお清め儀式

デ ウェホフ ネイチャー イン コンサート ピノ ノワール 2017

Estate De Wetshof Nature in Concert Pinot Noir

参考小売価格:9900円

産地:南アフリカ・ロバートソン

品種: ピノ・ノワール

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

新年一発目に配信したポッドキャストエピソード「高級ワイン考察」がお陰様で大好評を頂いております。しかし、偉そうに高級ワインについた語っていた癖に、高級ワインの経験値が乏しすぎるコンプレックスがあります。

今年から月曜と火曜は休肝日と決めているのもあって、日曜日に最後の晩餐的な意味合いを込めてありがたく飲んでみました。

外観は褐色、オレンジ要素が現れており、実際のビンテージより熟成されている雰囲気が出てます。

香りの強さも満足レベル。滅多にグラスをくるくる回して飲むことはないのですが、このクラスになると自然にぐるぐる回して香りの変化を楽しめます。

値段どうこうじゃなく、純粋に香りを楽しんでいたい。そんなマインドが飲むまでの時間を長くとるので、一口あたりに楽しめる長さを計算すると高コスパ(購入金額基準で)と言えます。

飲んでみると確かに普段飲んでる価格帯とは段違いのレベルさを感じますが、最初に飲んでいたエントリーワイン「ダニー デュ ヴェット ピノ ノワール 2020 デ・ウェホフ」が4本買えるとなると、もう少し説得力が欲しいところ。

熟成のポテンシャルがあると言えばそれまでですが、届いたらすぐに飲みたい性分です。

語弊を恐れずに言うと、現在単品で39%オフ(6千円)になっているのですが、その金額だと腑に落ちます。

高級ワイン、難しいですね。

ウェホフセットは断然買いです。ともに感想を共有しましょう!

本日の組み合わせ

休肝日前の精神統一剤として。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com